オール・アバウト・ヘッドハンティング TOP → アメリカにおけるヘッドハンティング CEO候補を選定

CEO候補を選定

◆CEO候補の選定の仕方
CEO(Chief Executive Officer、最高経営責任者)候補を選定するときは、行動面接などを使って、表面的な経歴だけでなく、どんな人格なのかを見極めようとするそうです。日本の企業は、たいてい社長が次の社長を選びますが、アメリカでは取締役の半分ほどが社外取締役になります。

日本では社長は社長が選びますがアメリカはかなり透明で、社外取締役が中心になりCEOの後継者を選ぶ時は選定委員会を作ってそこで候補者を選び、その中から選任すると言われています。アメリカでもCEOと社外取締役の軋轢はありますが、密室政治でやっている日本に比べてかなり進んでいるのではないでしょうか。

またCEOを選任する際は、これまでどんな失敗をしてきて、その失敗をどう学んだかや、部下たちとどのようにして付き合ってきたかなどを見抜き、本当に資質のある候補者を選び出そうとするのです。CEOを選ぶ立場にあるヘッドハンターというのは、アメリカではとても地位の高い仕事になります。

それでもエグゼクティブの中には、ヘッドハンターと駆け引きしようとしたり、経歴を大げさに言ったりする人がいるといわれています。また面談にまったく準備してこなかったりする人もいるようです。ヘッドハンターと信頼の関係が築けるようになることが、アメリカのエグゼクティブにとっては重要となっています。

アメリカにおけるヘッドハンティング

パナルジン
パナルジンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

歯科衛生士採用ページ 。岐阜市北島 りお歯科クリニック
http://www.rio-dc.com/sd/eiseishi