オール・アバウト・ヘッドハンティング TOP → アメリカにおけるヘッドハンティング アメリカにおけるヘッドハンティングA

アメリカにおけるヘッドハンティングA

◆Retainer Retainerのヘッドハンターは、企業にとって信頼されたパートナーのような位置づけになります。CEOをはじめとしたエグゼクティブのリサーチに特化して、常に有望な候補者のネットワークのようなものを築いています。

世界的に有名な企業としては、コーンフェリーやラッセルレイノルズ、ハイドリック&ストラグルズ、スペンサースチュアート、エゴンゼンダーなどが知られています。これらの企業には沢山の履歴書が送られてくるようですが、残念ながらそのほとんどはゴミ箱へいってしまうようです。

ヘッドハンティング企業は人材のネットワークやデータベースを作り上げる際に、他の候補者からの推薦や評判を重んじるようになっています。 各企業におけるキーパーソンなどの目立った人物が誰なのかを常に調査して、それをもとに将来有望な候補者ネットワークを作り上げていくのです。

このようなことからも分かるように、履歴書を送付したり面談をしただけなどでは候補者として扱ってもらうことが出来ません。履歴書を送付したりするのであれば、会社内での評判を高めて上司や同僚に推薦してもらえるような人物になることを目指す方が効果的といえます。

1度面談した場合でも候補者として扱ってもらうことができないので、社内での評判を高めることを心がけることがアメリカでヘッドハンティングをしてもらうためには重要なことにようです。

アメリカにおけるヘッドハンティング