オール・アバウト・ヘッドハンティング TOP → アメリカにおけるヘッドハンティング アメリカにおけるヘッドハンティング@

アメリカにおけるヘッドハンティング@

アメリカには6000ものヘッドハンティングの企業があり、この量からも分かるようにヘッドハンティングに対するイメージが日本とは大きく違っています。6000もあるヘッドハンティング企業は大きく分けてContingencyタイプとRetainerタイプの2種類に分類することが出来ます。

◆Contingency
Contingencyは、日本の登録型人材紹介会社のように、紹介した人材が採用にまで至った際に、企業からcontingency commissionという成功報酬が支払われる仕組みになっています。

◆Retainer
Retainerは、ヘッドハンティングに必要なポジションごとに、企業からretainerと呼ばれる専門家によるコンサルティング料金が支払われる仕組みとなっています。
Contingencyが対象とするのは、年収$75.000(900万円)〜$1150.000(1800万円)ほどの候補者になります。

Retainerの方は、年収$1150.000(1800万円)以上のエグゼクティブクラスを対象にしています。日本では年収400、500万円程の候補者でも人材紹介が活発に行われていますが、アメリカのヘッドハンティング企業はいずれにしても日本で言う年収1000万円ほどのエグゼクティブクラスを対象とした厳しいものとなっています。

アメリカにおけるヘッドハンティング

フルダラ
フルダラなら医療関係者向けの製品情報サイトで!