オール・アバウト・ヘッドハンティング TOP → ヘッドハンターについて 打ち合わせでは

打ち合わせでは

ヘッドハンティングの打ち合わせでは何を伝えれば良いのでしょうか。まずは自らの会社、自社の説明をしっかりと行う必要があります。

ヘッドハンターに間違った認識を与えてしまうと全く検討違いの人材の紹介を受けてしまうことにつながりかねませんので間違いのないように詳しく丁寧に説明するようにしましょう。まったく初対面では当然不安もあるでしょうから、どのような事業を行っている会社なのか確認することは必須です。

ヘッドハンターは会社がどのような状況にあるのかなど自社の説明、そして紹介先の会社の説明という順番で行っていきます。そして、次にどのような人材を必要としていてヘッドハンティングしたかを伝えます。職責も含めたポジションの内容を詳しく話しましょう。

そのポジションにはどのような能力を持っている人材が当てはまるかなど、人物像に触れておくことも大切です。ヘッドハンティングの後、その会社でどのように仕事をしてほしいかということを伝えます。それと合わせて条件や待遇についても詳しく伝えます。

例えば、今の仕事より何割年収をアップするか、などといったことです。ヘッドハンティングでは年収は1000万年前後の方がほとんどですので、現在の年収の1、2割アップするのが基本の条件となるでしょう。

クライアント企業としては、なるべく多くの条件をつけたい気持ちがあると思いますが、採用条件ばかり厳しくしているとその条件ばかりにとらわれて、人柄など大切な要素を見落としてしまうことがあるので注意が必要です。

ヘッドハンターについて

札幌でピアノ調律、http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/
http://www.rakuten.co.jp/tajima-ya/

札幌でピアノ調律、中古ピアノ買取販売なら札幌市の井上ピアノ
http://www.piano-inoue.com/