オール・アバウト・ヘッドハンティング TOP → ヘッドハンティングとは 求められる能力

求められる能力

◆ヘッドハンター達のスキル
@ゼネナリストとしての能力
クライアント側の業種はさまざまで、スカウトの対象となる人材のポジションも多岐にわたります。ですのでヘッドハンティングには、企業組織や業界を広く理解し、問題の答えを導き出せるゼネナリスト的な力が必要でしょう。

Aスペシャリストとしての能力
企業に必要とされる人材の職域は、管理、営業、財務、技術など幅広いです。どのような職種の人材を求められたとしても、その対象となる職務について、一定以上の知識と理解が必ず必要となってきます。それがないとターゲットを定めた的確なスカウトは行えません。

Bコミュニケーション能力
クライアントとスムーズに対応ができなければ、企業の抱える問題を見つけることも、そこにどのような人材が求められているのかも分からないものです。さらに候補者との信頼関係を築づくことはとても大切なことです。ヘッドハンティングにとって相手と意思の疎通をはかっていけるコミュニケーション能力は、絶対的に必要な職業的要素なのです。

Cマネージメント能力
エグゼクティブサーチの過程では、社内メンバーはもとより、外部の企業やパートナーと連携して作業を進めていくことも多いのです。また案件によっては、プロジェクトチームを組織することもあります。その中心となって指示・調整役を担い、最大の効果をあげていくような管理能力も必要となってきます。

D嗅覚とセンス
人を相手にするビジネスなので、表には現れない本質を見抜くセンスが要求されます。その他、論理的思考力や企画力、プレゼンテーション能力、成果物の作成能力など様々な能力が必要となります。

ヘッドハンティングとは

http://www.pethoteltokyo.com/
東京ペットホテル