オール・アバウト・ヘッドハンティング TOP → ヘッドハンティングとは ヘッドハンティング

ヘッドハンティングとは

ヘッドハンティングとは企業が求める優秀な人材を探しだすこと。そして経営者、経営幹部、それに準ずるミドル層などの優秀な人材を外部からスカウトし、自社に引き入れることを専門的に行う人間や会社のことです。そのためヘッドハンティングは、企業から直接以来をうけたヘッドハンターと言われる人によって行われることが多いといわれています。

企業にとって優秀な人材はすでに他の企業に属していることが多いため、求める人材の所属企業での状況を調査しつつ、所属企業及での待遇と求人企業での待遇を比較し調整しながら適切な条件提示をしたり、求人企業の魅力の説明などにより対象の人材の説得作業などがヘッドハンティング業務の主な職務となっています。

産業が高度化、分散化し激しい競争化にある現代社会においては優れた人材の確保が企業戦略の重要な要素になっており、ヘッドハンティングを専門に行う会社が数多く登場してきています。

ヘッドハンティングには、事前に企業から一定の金額を受け取って動くケースと、成果に応じて成果報酬を受け取るケースとの2種類があります。日本では外資系企業が中心になってヘッドハンティングを行ってきましたが、最近では日本企業でも行うようになってきました。

ヘッドハンティングされる人材というのはどちらかというと、資格などよりも実戦経験が重要視されている傾向にあるようです。

ヘッドハンティングとは